5年前に分譲マンションを売却

値段の交渉がつかず売買は難航

借金を何とかするためにマンションを売却値段の交渉がつかず売買は難航次に住む場所を決めてから売ろう

夫婦だけの生活なので綺麗に使っている、とほとんどの人たちは購入にかなり乗り気でしたが値段の交渉がつかず結果としてお断り。
結局、一番乗り気に見えなさそうな若い夫婦と母親の方々が購入となりました。
ただ、物件が古いせいと綺麗でもリフォームは購入者持ちになるのでその費用があったのか「あと100万安くしないと買わない」と言い出しました。
主人と悩んだ結果、足元を見られているなと思いながらも切羽詰っていたので渋々承諾しました。
結局内覧には1ヵ月半ほどかかりました。
あとは仲介に入った不動産と契約の為に2回ほど店舗に出向きました。
私はついていっただけですが、主人が説明を聞いて押印。
途中、担当の方が「書類を持ってくるのでお待ちください。
」と席をはずしました。
すると主人は「こんな契約書で大丈夫なのか?」と不安そうに洩らしました。
うちの主人は不動産の自営業を営んでいたので、土地建物の売買をするときには、契約書もフォーマットからではなく自分で一から作成していたそうです。
素人の目でしか見れませんが、私が覗き込んでみたところ指摘の箇所は物足りなさそうな感じでした。
ただ、地元では少しは聞いた事のある不動産だったので大丈夫でしょうと思いながら契約を進めました。

マンション売却を成功させるコツ | ベツダイの不動産売却